瓦屋根ドットコム[kawarayane.com]
個人情報について ALL ITEMS HOME
旭ファイバーグラス株式会社
【ファイバーグラスシングル リッジウェイ】
【ファイバーグラスシングル リッジウェイ】旭ファイバーグラス株式会社
ファイバーグラスシングルは世界中で親しまれている大変ポピュラーな屋根材です。
粒状彩色石をランダムに塗布した微妙な色合いは、屋根に自然な風合いを与え、欧米風モダンデザイン住宅だけでなく、伝統的な日本住宅にも美しく調和します。
家の印象を大きく左右する屋根。街並みに似合う、そして住む人のテイストも好もしく醸し出す屋根をお考えなら、ぜひ「リッジウェイ」をご検討ください。「リッジウェイ」は優れたデザイン性はもちろん、軽く、強く、高い耐久性を実現した新しい屋根材です。
 
リッジウェイは旭ファイバーグラスのオリジナルブランド。屋根材に要求される数々の特性を備えています。
 
美しい
リッジウェイ独特の2層構造とランダムな粒状彩色石のグラデーションが、立体感ある陰影を演出し、個性豊かで深みのある表情を屋根に与えます。
棟や谷部分が同質のシングル材で葺け、統一感のある仕上がりで高級感を醸し出します。また、曲面になじみやすいリッジウェイは自由度の高い設計を可能にします。
 
強い
色が長もち
表面の石は陶器瓦のように焼き付け塗装がされ、新築の風合いを長く保ちます。
防火性
建築基準法が改正され仕様基準から性能基準に変わり、ファイバーグラスシングルでも飛び火試験により防火性能を証明でき、日本でも国際基準の製品が使える時代になりました。
<屋根飛び火試験認定品/DR-0751(木造)他>
防水性
リッジウェイは、アスファルト基材とグラスファイバーとで構成されており、水分を含まず釘穴シール性にも優れています。また、吸水性のほとんどないリッジウェイは凍結融解試験結果でも優れたデータを実証しており、建物の気候帯を選ばず使用できます。
耐風性
標準仕様実験(風速38m/s)、強風仕様実験(風速46m/s)でも浮き剥がれの現象は起きず、高い耐風性能が実証されています。
※強風地域・場所では強風仕様での施工をお薦めしております。
耐衝撃性能
リッジウェイは柔らかく割れにくい素材ですので、踏み歩きや落下物等によって屋根材が割れるという心配は無用です。また、弾性アスファルト基材が衝撃を吸収しますので、雨音の軽減にも有効です。
 
軽い
地震に強い軽量設計
リッジウェイの重量は瓦の約1/4、化粧スレートの約1/2と軽量のため、建物への負担が少なく耐震性に優れています。
地震被害の大きさと屋根の重さの関係はすでに多くの調査により明らかな通り、同じ建物、同じ大きさの地震の場合、軽い屋根ほどダメージを受けにくいことが証明されています。軽い屋根の場合、家屋の重心位置が下がり、建物自体のバランスが良くなるため大きな揺れにも持ちこたえ元の形状を保ちますが、従来の重い屋根瓦を使った建物は重心位置が高くなるため地震の揺れを増幅させ、より大きな被害となることがあります。リッジウェイは軽さはもちろん、割れ・剥がれによる地震時の落下の心配も低減します。
 
外観に一体感と格調を添える「リッジウェイ」取扱い色
デュアルブラック デュアルブラウン ハーバードスレート
デュアルブラック デュアルブラウン ハーバードスレート
フォレストグリーン アーストーンシーダー  
フォレストグリーン アーストーンシーダー  
 
リッジウェイ仕様
本体形状寸法 幅 349mm × 長さ 1038mm
働き寸法 幅 149mm × 長さ 1038mm
一枚重量 約1.8kg
ケース当り重量 25.4kg
3.3m2当り枚数 21.3枚
1梱包枚数 14枚
パレット積み量 48ケース
 
リッジウェイの施工例
※画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。
[リッジウェイ]施工写真
[リッジウェイ]施工写真
[リッジウェイ]施工写真
デュアルブラック デュアルブラウン ハーバードスレート
[リッジウェイ]施工写真
[リッジウェイ]施工写真
ハーバードスレート フォレストグリーン  
 
お問い合せ先
旭ファイバーグラス株式会社
旭ファイバーグラス株式会社
カスタマーセンター

TEL 0120-99-6388
ホームページ http://www.afgc.co.jp/
E-Mail nandemo@afgc.co.jp
 
カタログ請求
業種区分
会社名  (個人の方は送付先のお名前をご記入ください)
担当者名 (必要な方はご記入ください)
郵便番号  (半角)
住所 
電話番号  (半角)
Eメール  (半角)
質問・コメント
マークは入力必須項目です。
業者区分で個人とお答えの方は、よろしければ簡単なアンケートにご協力ください。
年齢
性別
選択予定の瓦の色
選択の際のポイント
耐震 軽量 耐風 デザイン その他
 
copyright